Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

LOOPEDGE: このモデルはLoopCloud に接続するためにLoopEdge デバイスに対応します。 リモートアクセスやクラウドアクティベーションなどの機能がLoopEdgeモデルには追加されています。

EMBEDDED: システムは、ラズベリーパイやArduino基盤など、コントロールするデバイスにコンピュータが内包されているタイプ専用のシステムです。このモデルはそのようなデバイスのほか、LoopCloud でサポートされているプロトコルを使用して、データの送信や管理コマンドを受信するスクリプトにも使用できます。

POLL:継続的にデバイスにポーリングするには、このモデルを使用します。いくつかのレガシーシステムでは、httpインターフェース(SOAPまたはREST)を使用してデバイスからのデータ収集を行います。LoopCloud のPOLL モデルは、データを送信することのできないレガシーシステムやデバイスを組み込む手段を提供します;POLL モデルはLoopCloud がこれらのレガシーデバイスからデータを取得することを可能にします。その他の使用例として、ウェブサービスがあります。例えば、Nestはサーモスタットからのデータ取得を可能にするウェブサービスを提供しています。この場合、LoopCloud は実際のデバイスへ接続をすることはなく、Nestのセンサーからデータを収集します。その他の例には、電気自動車の充電スタンドや、スマートカーが含まれます。

WEBHOOK: Webhookは、HTTPコールバックとも呼ばれ、LoopCloud がウェブアプリケーションにデータをプッシュすることを可能にします。Webhook モデル の項をご参照ください。(Webhook Model) モデルからデバイスのデプロイメントが完了すると、下記フォーマットのアドレスで Webhook が使用可能になります : https://litmus.pro/webhook/{projectId}/{deviceId

  • No labels