Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Project にモデルを追加するには、この手順を実行してください:

LoopCloud におけるモデルとは?

LoopCloud のProject にデバイスを追加する前に、少なくとも一つのデバイスモデルをLoopCloud Project に追加する必要があります。 

LoopCloud と接続するためにPLCデバイスとコミュニケーションチャネルを確立するためには、特定のプロトコルパラメータを使用して、デバイスモデルを追加する必要があります。標準的なプロトコルには以下があります:HTTP、HTTPS、MQTT、MQTTS、LWM2M、DTLSを使用したLWM2M。さらに、カスタムのデータブロックを設定することも可能です。プロトコルに関するより詳しい情報は下記に記載しています:

モデルを設定する際には、既定のセットから選択してください。設定パラメータを含むJSONファイルをダウンロードして、デバイスの設定に利用することができます。また、デバイスがその他のキー/値のペアを必要とする場合、ご自身でパラメータを補足することもできます。

デバイスがそのモデルを使用中の場合は削除できません。モデルを削除するためには、事前にデバイスを削除する必要があります。

モデルタイプ 

LoopCloud は現在下記のモデルタイプに対応しています:

LOOPEDGE: このモデルはLoopCloud に接続するためにLoopEdge デバイスに対応します。 リモートアクセスやクラウドアクティベーションなどの機能がLoopEdgeモデルには追加されています。

EMBEDDED: システムは、ラズベリーパイやArduino基盤など、コントロールするデバイスにコンピュータが内包されているタイプ専用のシステムです。このモデルはそのようなデバイスのほか、LoopCloud でサポートされているプロトコルを使用して、データの送信や管理コマンドを受信するスクリプトにも使用できます。

POLL:継続的にデバイスにポーリングするには、このモデルを使用します。いくつかのレガシーシステムでは、httpインターフェース(SOAPまたはREST)を使用してデバイスからのデータ収集を行います。LoopCloud のPOLL モデルは、データを送信することのできないレガシーシステムやデバイスを組み込む手段を提供します;POLL モデルはLoopCloud がこれらのレガシーデバイスからデータを取得することを可能にします。その他の使用例として、ウェブサービスがあります。例えば、Nestはサーモスタットからのデータ取得を可能にするウェブサービスを提供しています。この場合、LoopCloud は実際のデバイスへ接続をすることはなく、Nestのセンサーからデータを収集します。その他の例には、電気自動車の充電スタンドや、スマートカーが含まれます。

WEBHOOK: Webhookは、HTTPコールバックとも呼ばれ、LoopCloud がウェブアプリケーションにデータをプッシュすることを可能にします。Webhook モデル の項をご参照ください。(Webhook Model) モデルからデバイスのデプロイメントが完了すると、下記フォーマットのアドレスで Webhook が使用可能になります : https://litmus.pro/webhook/{projectId}/{deviceId

Project にモデルを作成する 

LoopCloud デバイスモデルを作成する場合、いくつかのオプションから選択することができます。以下の手順で基本的な設定を説明します。 

モデルを作成するには: 

  1. LoopCloud ウィンドウのトップより、Company Name をクリックします。 

  2. Project をクリックします。 

  3. ナビゲーションパネルより、Configuration >Models と選択します。 

  4. LoopEdge タブを選択します。モデルタイプ の項もご参照ください。See also, Model Types.

  5. New Model をクリックします。

  6. Device Model Editor にて、CONFIG タブを選択します。 

  7. Model Name を入力します。 

  8. チェックボックスをクリックして規定のセットからモデルを選択し、JSONコードを確認します。 

  9. Save をクリックします。 



この例では、MQTT TLS/SSL 接続パラメータの選択のためのJSONコードを表示します。 

{
  "mqttHostName": "%MQTT_HOST%",
  "mqttSslPort": "%MQTT_SSL_PORT%",
  "mqttServerCA": "%MQTT_CA_CERT%",
  "mqttUserName": "%MQTT_USERNAME%",
  "mqttPassword": "%MQTT_PASSWORD%",
  "mqttClientId": "%MQTT_CLIENT_ID%",
  "mqttReqTopicName": "%MQTT_REQ_TOPIC%",
  "mqttRespTopicName": "%MQTT_RESP_TOPIC%",
  "mqttDataTopicName": "%MQTT_DATA_TOPIC%"
}

モデルイメージを変更する 

ベンダーのが画像など、任意の画像ファイルをアップロードして、LoopCloud モデルに添付することができます。LoopCloud はjpgやgifなど、標準的な画像フォーマットに対応しています。 

基本的なモデルイメージ 

モデルのイメージを変更するには: 

  1. LoopCloud ウィンドウのトップより、Company Name をクリックします。 

  2. Project をクリックします。 

  3. Configuration >Models をクリックします。 

  4. 更新するモデルを探します。モデルカードの下部にある小さなカメラのアイコンをクリックします。

  5. Select Image を選択し、保存された画像を選択します。
  6. Upload をクリックします。 



関連記事 



  • No labels