Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

DeviceHub ではデバイス間通信、及びデータモニタリングのための新規PLCデバイスの追加を行うことができます。以下の項目では、LoopEdge DeviceHub を使用したデバイスの追加、監視、及び削除の方法を説明します: 

サンプルについて:

接続可能なPLCがない場合、Modbus Slave Simulator の試用版をダウンロード、インストールして、このページのサンプルを実行するための模擬PLCとしてください。


Modbus について:

Modbus は、PLCなどの産業用デバイスを接続するためのシリアル通信オープン・プロトコルです。

単純なマスタースレーブ構造により、2つのデバイスのシリアルポートを接続します。典型的な使用法として、センサーやコントロールデバイスから、LoopEdge のようなデータ収集システムへデータを送信します。Modbus デバイスは、シリアルインターフェースではModbus RTU、EtherNet/IP ではModbus TCP と連動します。 

デバイスの追加 

DeviceHub にデバイスを追加するには:

  1. ナビゲーションパネルのDeviceHub をクリックします。 





  2. デバイス タブをクリックします。 

  3. をクリックします (plus)

  4. ダイアログ内のデバイスに対応した、ドライバータイプを選択します。

    Allen-Bradley 、Mitsubishi、Omron 、GE Fanuc のようなデバイスタイプが表示されます。HID デバイス、及びPLC 接続ガイド の項も併せてご参照ください。 



  5. デバイス名と追加説明を入力してください。 

  6. ステーションID、ネットワークポート、ネットワークアドレスを入力してください。これはPLCのIPアドレスです。 





  7. Add Device をクリックして、新規DeviceHub デバイスの追加を完了してください。 

DeviceHub のデバイスを監視、または削除する

デバイスのステータス 


Polling のステータスは、LoopEdgeがPLCの接続、未接続状態を判断するためにポーリング中であることを示します。 


PLCが正常にLoopEdge DeviceHub と通信しており、ポーリング中に反応を返した場合、ステータスがConnected になります。 


LoopEdge からのポーリングに対し、PLCデバイスが反応を示さなかった場合、ステータスがDisconnected になります。 

各アクションとアイコン 

PLCデバイスを追加する際、デバイスカードに各種アイコンが表示されます。

デバイスの接続状態に関するトラブルシューティング の項も併せてご参照ください。 Troubleshoot Device Connectivity Status.




  1. ドライバ名をクリップボードにコピーします。大量のタグをアップロードする際に便利です。DeviceHub によるタグの一括アップロード の項をご参照ください。See DeviceHub Bulk Upload Tags.
  2. デバイスIDをコピーします。 大量のタグのローディングの際に便利です。DeviceHub によるタグの一括アップロード の項をご参照ください。 See DeviceHub Bulk Upload Tags.
  3. デバイスのステータスを更新します。PLCのパラメータを変更した場合に実行してください。
  4. 名前やIPアドレスなど、デバイスのパラメータを変更します。 デバイスを削除します。
  5. Delete the device.デバイスを削除する場合には、警告が表示されます。デバイスの削除は非可逆的な処理で、デバイス名を正確に入力するよう求められます。大文字、小文字の区別を含め、表示されている通りに入力する必要があります。

DeviceHub のデバイスを削除した場合は、他のデバイスを追加する前にLoopEdge IPC(産業用PC)を再起動することをお奨めします。バックエンドで実際にデバイスが削除されるまでには時間がかかります。

  • No labels