Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

LoopCloud上のデバイスをアクティベートすると、デバイスとLoopCloud をシームレスに連動させることができるようになります。ご自分で設定することでクラウドコネクタを手作業で追加することも可能ですが、デバイスのアクティベーションを使用すると自動でクラウドコネクタをセットアップすることができます。このページでは、LoopEdge とLoopCloud を接続するためのクラウド接続の設定について、詳細な解説をします。

クラウド接続を設定する 

前提条件

  • ポート9993 udp/tcp が全てに対してオープンである必要があります 

この手順は、すでにLoopCloud Company 及びProject が作成済みであることを前提としています。詳細は下記の項をご参照ください:

LoopEdge とLoopCloud を接続する手順 

プラットフォームを接続するのに必要となる情報をコピー&ペーストできるように、この時点でLoopCloud 及びLoopEdge にログインすることをお奨めします。

LoopCloud 側 

  1. Pre-shared keys モードで、DTLS接続のLWM2Mモデルを作成します。また、MQTT接続パラメータをモデルに追加することをお奨めします。詳しくは、デバイスモデルを作成する の項をご参照ください。



  2. LoopEdge のモデルより、LoopEdgeデバイスを作成します。モデルからデバイスを追加する の項をご参照ください。 Add a Device from a Model.

  3. LoopCloud のナビゲーションパネルより、Device Mgmt > Devices を選択し、リスト内の新規作成されたモデルを確認します。 

  4. Action リストよりStatus をクリックし、Activate を選択します。 


    ご注意

    このワンタイムコードは60秒間だけ有効となります。下記のLoopEdge 側での手順をすぐに実行してください。事前にLoopEdge のウィンドウを開いておくことをお奨めします。 

  5. Activation Code のポップアップにてアイコンをクリックし、クリップボードにコードをコピーします。 

LoopEdge 側 

  1. LoopEdge のナビゲーションパネルより、System > Device Management を選択します。 




  2. Cloud Activation の下にクリップボードのアクティベーションコードをペーストします。Activate をクリックします。 




    LoopEdge は自動的にDataHub Cloud Connector を作成しますが、既定では無効になっています。 


  3. LoopEdge のナビゲーションパネルより、DeviceHubを選択します。 




  4. Cloud Connector のActions リストより、Enable を選択します。 

接続を確認する 

  1. LoopCloud のDevice Mngmt > Devices にて、接続されていることを確認します。緑色のステータスはMQTT接続が機能していることを示します。ステータスアイコンにカーソルを合わせて、アクティベーションと接続の詳細を確認します:

    ステータスボックスの詳細:

    Status: ACTIVE OFFLINE または ACTIVE ONLINE起動中のMQTT接続がデバイスに存在するかどうかを表します。ACTIVE ONLINE の場合、ステータスアイコンが緑に変わります。

    Activation: UNACTIVATED または ACTIVATEDLoopCloud ユーザーがステータスメニューより、デバイスのアクティベーションコードをコピーしたかどうかを示します。

    LWM2M Client Address: LoopCloud デバイスに紐付けられたLWM2MクライアントのIPアドレスです。 

    MQTT Client Address: LoopCloud デバイスに紐付けられたMQTTクライアントのIPアドレスです。 




  2. デバイスのid をクリックして、デバイス情報を参照します。LWM2M接続が機能していることを確認することができます。




  3. Explore タブをクリックして、OMA LWM2Mオブジェクトを参照し、コマンドを実行します。Reboot を実行してLoopCloud で有効にしたデバイスをリモートで再起動してみましょう。これでLWM2Mを通してLoopEdge デバイスに命令が実行できることを確認できます。